デバイスのフレーム

思いついた施策をすぐに配信!
検証と改善をスピーディに繰り返し、
顧客体験の向上を

KARTE for App

グロースハック事例集をダウンロード
グロースハック事例集をダウンロード

アプリ運営の方、
こんな課題ありませんか?

  • ストアの申請に時間がかかる
    ストアの申請に
    時間がかかる
  • 施策を試したいがリソースが足りない
    施策を試したいが
    リソースが足りない
  • ツールを使えるか不安
    ツールを使えるか
    不安
  • 効果が出ているか分からない
    効果が出ているか
    分からない

KARTE for Appの導入で
生産性を向上し、
顧客のファン化を促進します

「KARTE for App」はアプリを利用するユーザー、一人ひとりの行動をリアルタイムに可視化。
ユーザーに合わせた最適なコミュニケーションをワンストップで実現します。
思いついた施策の配信〜分析・検証まで同ツール内でできるため、スピーディーなPDCAが可能となり、
エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

  • 大事な情報をすぐに配信
    大事な情報をすぐに配信
    管理画面からポップアップやプッシュ通知など、すぐに配信することが可能です。通常であればストアの申請に時間を要しますが、KARTE for Appならエンドユーザーにとって大事な情報をいち早く届けることが可能です。
  • 施策をどんどん試して検証&改善
    施策をどんどん試して
    検証&改善
    「1分以上滞在中の方にチャットサポートを出したい」など、管理画面から施策を配信できるため、エンジニアやデザイナーのリソースを気にする必要がなくなります。思いついた施策を試すことで、検証と改善のスピードがアップし、ユーザーにとって心地よい体験を提供し続けることが可能です。
  • 専門知識がなくても使える管理画面
    専門知識がなくても使える管理画面
    プレビュー機能で配信イメージを確認しながらウェブ接客などのアクションの編集が可能です。100を超えるテンプレートもご用意。またボタンタップや画面遷移などの一連の操作ログからイベント発火条件を作成できるため、直感的な操作でイベントの作成が可能です。
  • ウェブ/アプリを横断して管理
    ウェブ/アプリを横断して管理
    ユーザー軸でデータを紐づけているため、ウェブとアプリを横断して、一人ひとりの行動を正しく知ることができます。朝の移動中はアプリで商品を探して、夜家に帰ってPCで購入。両方の行動データから最適なタイミングでアクションをとることが可能です。
  • 自由なセグメント&柔軟なアクション
    自由なセグメント&柔軟なアクション
    自由にセグメントしたユーザーへ、多様なテンプレートを使い、時間・感情・行動・体験・場に合わせた最適なタイミングでウェブ接客などのアクションを表示することができます。テンプレートをカスタマイズし、オリジナルのクリエイティブも制作することもできます。
  • 外部サービスとの連携
    外部サービスとの連携
    AppsFlyer/Adjustのデータをリアルタイムに連携し、接客に活かすことが可能です。これにより、アプリをインストールする際に⾒た広告クリエイティブに合わせて、初回起動時のコミュニケーションを出し分けることができます。

主な機能

随時アップデートされていく機能も
KARTE for Appの魅力です。

  • リアルタイム分析
    リアルタイム分析
    アプリに訪れているユーザーの「いまこの瞬間」の状況をリアルタイムに可視化。
  • セグメンテーション
    セグメンテーション
    事前に設定されているよく使われるセグメントに加え、自由に追加・編集が可能。
  • スコアリング
    スコアリング
    KARTE独自のアルゴリズムを使用してユーザーの熱量を可視化。
  • レポート
    レポート
    リテンション率、アプリの使用状況、発生したイベントの度合いなど、レポートで抽出。
  • ポップアップ・プッシュ通知
    ポップアップ・プッシュ通知
    100を超えるテンプレートをご用意。カスタマイズも可能。
  • アンケート・満足度調査
    アンケート・満足度調査
    ユーザーからダイレクトに体験評価を収集。レポートでサービスを定量的に知ることが可能。
  • A/Bテスト
    A/Bテスト
    複数の施策、配信率の設定も可能。 施策ごとにPVや滞在時間、CVRの比較が可能。
  • レコメンド
    レコメンド
    あらゆるユーザーイベントから、レコメンド、ランキング、リマインドなど応用可能。

※掲載している機能は一部です。その他の機能はお問い合わせください。

導入実績

導入事例

patersアプリの画面キャプチャ
Webのみを利用している男性無料会員をアプリへ誘導。ABテストを繰り返し、男性無料会員のアプリ転換率が80%に向上。
patersアプリアイコン
株式会社paters 様
patersアプリ

アプリを利用する会員はWebを利用する会員よりも、サービス利用時の満足度が高いことがわかっており、Webを利用する男性会員にバナーでアプリ利用を促していました。しかし、バナーだと気づきづらいこともあり、期待した効果を得られていませんでした。
そこで、Webで新規登録をしてから72時間以上経過した男性無料会員に対して、アプリインストールのメリットを伝えるポップアップを表示しました。さらに施策の効果を最大化するために、クリエイティブのABテストを実施しました。
A/Bテストを繰り返した結果、Webを利用していた男性無料会員のアプリ転換率が80%に向上。アプリとWebの両方にKARTEを導入したことにより、横断してスピーディーな効果検証が可能になりました。

JapanTaxiアプリの画面キャプチャ
初回起動1日後のプッシュ通知により会員未登録ユーザーの登録を促進。通知を開封したユーザーのうち、およそ10%が会員登録。
JapanTaxiアプリアイコン
JapanTaxi 様
JapanTaxi アプリ

アプリのインストールをしたものの、会員未登録のユーザーが一定数存在しており、「いざタクシーを呼びたいときに、すぐに呼べるように」するためには事前に会員登録をしてもらう必要がありました。
そこで、アプリ初回起動から1日後のアプリへの関心が高いうちに、会員未登録のユーザーに対してプッシュ通知を送信。「乗りたいときにすぐにタクシーに乗れる」というベネフィット訴求と、「簡単に会員登録可能」という簡単訴求のクリエイティブを作成し、A/Bテストを実施しました。
プッシュ通知を開封したユーザーのうち、およそ10%が会員登録まで至りました。また、A/Bテストの結果、ベネフィット訴求のクリック率が約35%のリフトアップにつながり、施策の効果を最大化することに成功しました。

Creemaアプリの画面キャプチャ
オフラインイベントでのくじ引き企画をKARTEで開発工数なしで実装し、リッチなクリエイティブ施策の実現に成功。
Creemaアプリアイコン
株式会社クリーマ 様
Creemaアプリ

「ハンドメイドインジャパンフェス2019」において、来場したユーザーがイベントで出会った作家とアプリ上でも継続的につながってもらう方法を検討していました。
イベント会場で、アプリを使ったスタンプラリーを実施し、ノベルティやCreemaで使えるクーポンが貰えるくじ引きを企画。アプリ上でくじ引きを実装する必要がありましたが、ネイティブでは開発工数がかかるため、KARTE for Appのポップアップを活用しました。
KARTE for AppのポップアップはHTML/CSS/JavaScriptで制御されているため、アプリストアの申請なしにリッチなクリエイティブ施策を実現できました。また、1年前の同じイベントと比較してイベント来訪ユーザーの初購入率が明らかに高い数値となりました。

THEO [テオ] アプリの画面キャプチャ
相場不安定時に資産運用についてのアンケートを実施し、回答後に不安を解消する記事に誘導することで継続率上昇を実現。
THEO [テオ] アプリアイコン
株式会社 お金のデザイン
THEO [テオ] アプリ

THEO[テオ]では長期投資による運用を推奨しており、相場不安定時は追加投資を行う機会の一つであるものの、一時的に時価評価額が下落することに伴う損失の拡大を恐れて、出金・解約してしまうユーザーが一定数いました。また、「KARTE for App」のみ未導入であったため、一貫したユーザー体験の向上にも課題がありました。
そこでアンケートで資産運用方針を問い、回答後に不安を解消する記事に誘導。また、Web/アプリどちらを利用するかに関わらず一度だけ施策を出し、ユーザー体験を損なわない設定に配慮しました。
相場が不安定で関心が高まるタイミングで即座に施策を実施したことで、回答率は50%を超えました。また、アンケート回答後に記事に誘導した効果もあり、施策未実施の場合と比較して継続率が上昇しました。

サポート体制

立ち上がりから運用フェーズにおいて、
さまざまなサポートをご用意しております。

  • オンボーディングプログラム
    オンボーディングプログラム
    導入企業様向けプログラムで初期設定や使い方のレクチャーをさせていただきます。
  • KARTE Friends Community
    KARTE Friends Community
    情報交換などを行える場をオンライン・オフライン上で提供しています。
  • 対面サポート
    対面サポート
    KARTEをご利用中のお客様を対象としたマンツーマンでの相談会やテーマ別グループ勉強会など実施しております。
  • オンラインサポート
    オンラインサポート
    ご利用に関してチャットでサポートいたします。また、自学形式での動画やサポートサイトもご用意しております。
サポートサイトについて詳しく知る

よくあるご質問

KARTE for Appでよくいただくご質問をまとめました。

導入から本番配信までどのくらいの期間がかかりますか?
お申し込みから本番配信まで約1~2ヶ月ほどいただいております。本番配信後にスムーズにPDCAサイクルが回るよう、この期間で実施施策のすり合わせから実装方法のアドバイスなどを目的に複数回のお打ち合わせを実施いたします。
契約から配信までの流れを見る
個別に担当者はつきますか?
はい。ご契約後にKARTE for Appをご活用いただき成果がでるように、カスタマーサクセスの担当者が専属でサポートいたします。
自分たちに近い業界の事例を教えてもらえますか?
KARTEが運営するメディアサイト「CX Clip」にて定期的に様々な業界の事例を発信しております。また、Meetupも開催しており、近い業界のクライアント様同士でナレッジ交換ができる場もご用意しております。
事例一覧を見る
導入前にデモの使用は可能ですか?
デモサイトのご提供はしておりませんが、導入前のお打ち合わせにて実際の管理画面をお見せしながら、ご不安な点を解消していただく場をご用意しております。
セキュリティ対策はどのようにされていますか?
クライアント様の大切なデータを扱う上で、まだ国内で事例の少ないクラウドセキュリティ認証(ISO27017)をいち早く取得するなど、世界基準のセキュリティ体制構築に注力しています。
KARTEのセキュリティ対策を見る

KARTE for App
グロースハック事例集
ダウンロード

下記フォームに必要事項を入力して送信してください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロードURLをお送りいたします。
※フォームが表示されない場合はこちらからお問い合わせください。

必須

KARTE for Appで
顧客体験の向上を

デモのお試しも可能です。
お気軽にご相談ください。