「作って終わりにしない」コンテンツマーケティング
~コンテンツ価値を最大化するために今できること

開催日:2016年11月21日(月)19:00〜21:10
会場:株式会社クラウドワークス セミナールーム

終了しました

今回は、ストックフォトサービスのアマナイメージズ社、WEB接客ツール「KARTE」を提供するプレイド社、日本最大級のクラウドソーシングサイトを運営するクラウドワークス社共催でコンテンツマーケティングセミナーを開催いたします。

近年、コンテンツマーケティング・SEO市場環境が激化する中で、本当にユーザーに選ばれるコンテンツをどのように企画し、どのように作り、届けるのかが大きなテーマになっております。今回のセミナーではテキスト、画像、レコメンドの観点でマーケターの皆さんに有益な情報をお届けできれば幸いです。

セミナー後には、交流会を企画しております。※飲み物・お菓子をご用意します。
交流会では、参加者様同士の交流はもちろん、日頃のコンテンツマーケティング/SEO業務の課題や悩みについても、ご相談/共有いただける良い機会となりますので、ぜひご参加頂けますと幸いです。

開催概要

セミナータイトル
アマナイメージズ×プレイド×クラウドワークス共催 「作って終わりにしない」コンテンツマーケティング ~コンテンツ価値を最大化するために今できること
開催日
2016年11月21日(月)19:00〜21:10(受付開始:18:30)
会場
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階 株式会社クラウドワークス セミナールーム
地図
当日の持ち物
名刺2枚を受付にてご用意をお願い致します。
参加費
無料/事前登録制
定員
40名
ご注意
※定員を超えた場合には抽選とさせて頂きます。
※同業他社さまにはご参加をご遠慮頂いております。申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

プログラム

18:30-
受付開始
19:00-
セミナー開始
19:10-19:40
  • 量産かリッチ化か?いま求められているコンテンツの傾向と、作り方のポイント
    講師: 株式会社クラウドワークス 古田皓也氏 プラットフォーム事業部WEBマーケター
  • メディアの黎明期~成長期におけるコンテンツマーケティング施策の特徴やポイント、ユーザーと検索エンジン双方に評価されるコンテンツの企画構成、制作のポイントを伝授します。メディア支援実績300社を超えるクラウドワークスの支援事例と自社のマーケティングの事例も踏まえて、分かりやすくご説明いたします。

  • 講師プロフィール
    自社Webマーケティングとコンテンツ制作ディレクション、制作の企画・設計、リスティング広告運用等に従事。自動車、不動産のキュレーションメディアの立ち上など40社以上のメディア支援実績あり。
19:40-20:10
  • 多様化するコンテンツマーケティングにおけるビジュアルブランディング
    講師:株式会社アマナイメージズ 新居祐介氏 取締役/オンラインマーケティング事業部長
  • コンテンツマーケティングは、単にオウンドメディアで記事を書くという段階から、デジタルマーケティングの大きな戦略の中でのコンテンツ活用という文脈へ転換してきています。その中で、様々なメディアに展開されるコンテンツを差別化するのはビジュアル(=画像)です。単なる記事画像ではなく、ブランドイメージを形作る要素として、戦略的にビジュアルをセレクトすることが重要です。日本最大級のストックフォトサービスを展開するアマナイメージズが、コンテンツマーケティングにおけるビジュアルブランディングの方法をお話します。

  • 講師プロフィール
    オンラインマーケティング事業部長 2014年にアマナのストック事業部門に入社、複数の新規事業の立ち上げやアライアンスの締結を担当する。2016年より現職。
20:10-20:40
  • コンテンツ価値最大化へのウェブ接客サービス“KARTE”の活用法
    講師:株式会社プレイド 堀内直人
  • 1300社導入実績を持つウェブ接客サービス“KARTE”。コンテンツを作ったけど見られない、ブランドサイトへの送客が思ったほどない、そもそもどんな人が来ているの?など、、コンテンツマーケティングの課題解決に向けた活用方法について、いくつかの事例を交えながらご紹介します。

  • 講師プロフィール
    2005年サイバーエージェント入社。広告営業からスタートし、スマートフォンアプリプロデューサー、子会社の立ち上げ、DSP・SSP事業など多岐にわたる業務を担当。2016年プレイドに参画し、現在はパートナー企業様とのビジネス開発を主に担当しています。

お申し込み

セミナーは終了いたしました。
個人情報の取り扱い はこちらをご確認ください。