Facebookメッセンジャー

Facebookメッセンジャーで
お客様と“会話”しよう

お問い合わせ

お客様との親密なコミュニケーションを諦めていませんか?

KARTEのFacebookメッセンジャー機能で、お客様一人ひとりとの会話が可能になります。

Facebookメッセンジャーのやり取りをKARTEで管理できるFacebookメッセンジャーのやり取りをKARTEで管理できる

Facebookメッセンジャーのやり取りをKARTEで
管理できる

Facebookメッセンジャーのやり取りはすべてKARTE上で行うことができるので、お客様への返信にFacebookのウェブサイトやFacebookメッセンジャーを立ち上げる必要はありません。
SMSやウェブチャットなど、他のコミュニケーションツールでのやり取りも一元管理できるので、これまでの接客履歴を元に継続したコミュニケーションが可能です。

Facebookメッセンジャーのやり取りをKARTEで管理できるFacebookメッセンジャーのやり取りをKARTEで管理できる

お客様一人ひとりを詳しく知ってから話しかけられる

お客様の過去のデータとあわせて、サイトに訪問中の「いまこの瞬間」の状況もリアルタイムに可視化されるので、お客様について詳しく知ったうえで、声をかけることができます。
アクセス情報、来訪パターン、ユーザー情報(会員情報や購買履歴)などを元に、お客様に合わせたメッセージを送ることができます。

お客様がいつどこにいてもあなたのサービスとつながれる

お客様がいつどこにいても、あなたのサービスとつながれるお客様がいつどこにいても、あなたのサービスとつながれる

多くの人にとって主要なコミュニケーション手段の1つとなっているFacebookメッセンジャーを使うことで、お客様がどのような状況でも、あなたのサービスとメッセージのやり取りができます。

お問い合わせ

コミュニケーションの流れ

  • STEP1

    「Send to Messenger」
    ボタンをクリック

    STEP1.「Send to Messenger」ボタンをクリックSTEP1.「Send to Messenger」ボタンをクリック

    メッセージ受付用のボタンをサイト上に表示します。ユーザーがFacebookにログインしたブラウザで閲覧している場合、ユーザー自身のアイコンが表示されます。ここでメッセージを直接入力してもらうウィンドウを表示することもできます。

  • STEP2

    ログイン、確認

    STEP2.ログインSTEP2.ログイン

    ユーザーがFacebookに未ログインの場合はログイン画面、ログイン済みの場合は確認画面が表示されます。このステップにより、企業側がユーザーにメッセージを送ることができます。

  • STEP3

    最初のメッセージをユーザーへ
    自動送信

    STEP3.最初のメッセージをユーザーへ自動送信STEP3.最初のメッセージをユーザーへ自動送信

    最初のメッセージとして、挨拶文がユーザーへ自動的に送信されます。これにより、コミュニケーションがはじまります。