三陽商会の実践と海外ファッションECの事例に学ぶ、顧客にとって価値のあるカート体験とは

Shopifyご利用の方向け

三陽商会の実践と海外ファッションECの事例に学ぶ、顧客にとって価値のあるカート体験とは

ECのカートにおける体験向上に特化した新ソリューション「KARTE Entry Series Cart Package」をリリースします。これまでKARTEを活用していなかったお客様もエントリーしやすいように、特定機能に絞ったソリューションパッケージです。 ■ 「KARTE Entry Series Cart Package」についてはこちら

https://entry.karte.io/cart/

ECサイトには、商品の検索 / お気に入り / フォーム / カートなどさまざまな機能があります。カートに商品を入れた顧客は「その商品を買おう」と購入意欲の高まりがある一方で、「思ったような商品じゃなかったらどうしよう」「期待はずれな買い物はしたくない」と失敗を避けたいという思いから不安も感じやすいといわれています。このような微妙な心理状態にあるのがカートでの体験です。 結果として、例えばID/PASSの誤入力によるログインエラーや配送日や送料など実際に購入するとなってから気になる情報がスムーズに見つからないなど、些細なストレスや購入ステップの滞りが原因となって、いわゆる「カゴ落ち」が発生してしまいます。わたしたちの調査からは「ECユーザーのカゴ落ち発生率は70%(※)」という結果も出ており、顧客側の購入したいという気持ちを阻害してしまうだけでなく、事業者側の機会損失にもなってしまっているのが現状です。 ※プレイド調べ スムーズで顧客に寄り添ったカート体験に求められるのは、その人にとって必要なタイミングで必要な情報を届けること。このような観点からわたしたちは本ソリューションを新たに開発しました。 今回のセミナーでは「KARTE Entry Series Cart Package」のご紹介とともに、本ソリューションのクローズドβ版を実際に活用いただいた三陽商会様から購入フェーズにある顧客のCX向上を、Shopifyパートナーであるアパレルウェブ様からは海外ファッションEC事業者の事例紹介を行います。国内外の事例を交え、カートや購入フェーズでの顧客体験における課題とその解決を学ぶ機会となることを意図しています。

開催概要

開催日
2021/07/28 (水) 17:00-18:00
会場
本セミナーはオンライン開催となります。 お申し込み後、メールにて視聴URLを開催前日までにお送りいたします。 お手持ちのPCまたはスマートフォンよりご参加くださいませ。
対象者
・Shopifyをご利用中、ご利用を検討されている方 ・より効果的なカゴ落ち対策をしたい(検討されている方) ・マーケティング担当の方 ・海外事業担当の方
参加費
無料
お持ち物
画面共有いたしますのでデスクトップが見える状態でお待ちください
ご注意
※法人様対象のセミナーのため個人でのお申し込みは受け付けておりません ※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みはお断りする場合がございます ※セミナー内容と講師は予告なく変更になる場合がございます

プログラム

17:00-17:05
OpeningTalk
17:05-17:20
プレイド セッション
17:20-17:35
三陽商会 セッション
17:35-17:50
アパレルウェブ セッション
17:50-18:00
Q&A / ClosingTalk

登壇者紹介

  • 小川 大輔
    株式会社 三陽商会
    デジタルマーケティング担当
    小川 大輔

    アパレルブランドECのローンチ、サイトディレクション、広告運用、SNSマーケティング、ブランドPR等の業務経験を経て、2019年に三陽商会に入社。自社EC「SANYO iStore」のディレクションを中心に、マーケティング戦略の策定・実行や、データ活用の推進などに携わっている。

  • 田中 伸雄
    株式会社アパレルウェブ
    APPARELWEB INNOVATION LAB. 所長
    田中 伸雄

    アパレル企業を経て2008年アパレルウェブ入社後、ファッション系企業を中心にEC物流の立ち上げや、全体のサイト構築の設計から運用まで一貫して支援を行う。 B2Bモールサイトの運用、海外進出支援、フルフィルメントなど社内新規事業立ち上げの経験も合わせて、現在はニューヨーク、ロンドン、中国から新たなイノベーション情報を集め、これからのファッション業界のビジネスに役立ててもらうため日々発信中。

  • 高山 晋
    株式会社プレイド
    カスタマーサクセス
    高山 晋

    2017年にプレイドに参画。あらゆる商品やサービスが、消費者へより良いCX(顧客体験)として、あたりまえに届けられる日常を作ることを目標にKARTE導入企業へ圧倒的な顧客視点を根付かせるべく、様々な取り組みを実施。 カスタマーサクセス組織の立ち上げを経験。現在はKARTEの導入企業・パートナー様と共に新たなCX事例の創出に従事。

お申し込み

お申し込みの受付は終了しました。