β版

Moment Reaction

チャットで問い合わせる

体験のその瞬間に、顧客がどう感じたか
あなたは知っていますか?

サービス利用の過程では様々な体験があり、それに伴い様々な感情も発生します。
顧客はその瞬間にどんな気持ちになっているのでしょうか?
移り変わる顧客の気持ちを知ることで良いCXを生み出すヒントを得て、
愛されるサービスを作りましょう。

現在のオンライン環境では事業者と顧客が実店舗のように「人」の存在として互いを認識することが難しく、
その結果、良い顧客体験が生まれづらい状態にあります。

Moment Reaction は、顧客があらゆる瞬間に対して気持ち(リアクション)を
いつでも表明できるようにする場を提供します。

リアクションは単純明快な行為で、誰もが気軽に行えます。
様々な「瞬間」の人の気持ちが見えるようになることで、事業活動の起点は「顧客」に移っていきます。

タップ一つで、気持ちが伝わる

Moment Reactionの特徴

どのようなことができるか、主な特徴をご紹介します。

“その瞬間” の気持ちを知る

顧客が自由気ままに気持ちを表明できる入り口をあなたのサービスに。

ある瞬間で生まれた気持ちから顧客の表情や悩みを感じることで、直面している課題や深いインサイトの糸口を掴むことができます。

気持ちの背景や文脈までわかる

アンケート結果の分析時、文脈や背景がわからないことはありませんか?

Moment Reactionでは、どのようなシーンでも、顧客が伝えたい瞬間に気持ちを表明できます。事業者は可視化された気持ちに至った、その文脈や詳細背景まで把握して向き合うことが可能です。

日常的な顧客理解から、
良いCXを生み出す

Slack など普段お使いのコミュニケーションツールでもリアクション通知を受けることができます。

専用の管理画面を使わずとも顧客の気持ちを日常的に知れることで、顧客理解は自然に深まります。そこで生まれる様々な “1 to 1”、“1 to N” なアクションから、顧客との関係性はさらに強まることでしょう。

顧客の気持ちを事業活動の評価に

あなたのサービスの KPI に “顧客” は含まれていますか?

瞬間瞬間の顧客の気持ちが積み重なると、それは指標になります。事業活動の Index としても、蓄積する顧客の気持ちを用いることができます。

Moment Reaction と アンケート の違い

Moment Reaction

KARTE Friends の事例

オンラインのお客様の感情を日常的に知れる

実店舗のように、リアルタイムにユーザーの感情を捉えられるため、自社サイトに今どんな人がきてどう感じているかが分かり肌感が養われる

メディアの評価にユーザーの感情を取り入れる

ユーザーの行動評価(PV / UU / 離脱など)だけではなく、感情評価(絵文字や感想)を加えることで、よりユーザーに寄り添った記事評価が実現できる

聞きたかったファンの声が集まる

選手への応援メッセージや、サイトへの純粋な感想/要望 などの声が多く上がり、よりファンとの関係性を高める アクションが実施しやすくなる

KARTE Friends向け

Moment Reactionを活用してみませんか?

あなたが顧客にヒアリングをする代わりに、
Moment Reaction が顧客から様々な瞬間の気持ちを集めてきて、新たな気づきを得ることができます。
Moment Reaction はKARTEを使ったプロトタイピングから生まれた検証段階の機能です。
KARTE Friends みなさま向けのβリリースとさせていただいております。

チャットで問い合わせる