サブスク最前線 第2回
「ユーザーの日常に溶け込むデジタルコンテンツの運営の秘訣とは」

〜サブスク激戦時代の中のCX/DX/EX戦略〜

サブスク最前線 第2回 「ユーザーの日常に溶け込むデジタルコンテンツの運営の秘訣とは」

「サブスク最前線」は、様々な業種・分野のサブスクリプションサービスにおける、CX(顧客体験)を進化させる過程のお取組をご紹介頂くイベントです。今回は、2回目の開催となります。 課金モデルとしてのサブスクリプションは、領域問わず急速に広がっています。一方、エンドユーザーにとっての選択肢は増え、サービス間の競争が激化しており、継続利用のハードルは高まる一方です。その環境下において、エンドユーザーの期待を超え続けるには、サービスを継続的に進化させていくことが重要と考えています。 「サブスク最前線」では、サブスクリプションを継続的な顧客接点を作る仕組みと捉え、相互のフィードバックがCXを進化させるストーリーを伝えて参ります。 第二回はデジタルコンテンツをテーマとして、「テレ東BIZ(テレビ東京ビジネスオンデマンド)」「Schoo(スクー)」を取り上げます。どちらも月額の有料課金モデルであること。また、番組制作・運用なども含めたバックエンドのオペレーションがサービス体験にも繋がる点が共通点です。今回は、サービスグロースの観点や、エンドユーザーの理解のためのデータ活用、オフライン側のオペレーションの話も含め、様々な角度からお話をお伺いします。

開催概要

開催日
2021/04/20 (火) 12:00-13:00
会場
本セミナーはオンライン開催となり、zoomを使用して実施します。 お申し込み後、メールにて視聴URLをお送りします。 お手持ちのPCまたはスマートフォンよりご参加ください。
対象者
・サブスクリプションのビジネスに関わる方 ・ユーザー体験改善に関わるプロダクトマネージャーの方 ・プロダクトのコアバリューを伝えるマーケターの方
参加費
無料
お持ち物
画面共有いたしますので、デスクトップが見える状態でお待ちください。
ご注意
※法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みは受け付けておりません ※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります ※セミナー内容と講師は予告なく変更になる場合がございます

プログラム

12:00 - 12:02
オープニングトーク
12:02 - 12:10
各社自己紹介・事業紹介
12:10 - 12:50
12:10〜12:50 パネルディスカッション (40分)
12:50 - 12:58
Q&A
12:58 - 13:00
クロージングトーク

登壇者紹介

  • 長谷川 晋介
    株式会社テレビ東京
    配信ビジネス局 配信ビジネスセンター
    長谷川 晋介

    1981年生まれ。2004年NTTデータ入社。主にインフラエンジニアとして業務に従事。システム開発現場の火消しからシステム化計画検討といったコンサルまでこなしていた。 2014年株式会社テレビ東京へ入社。 経済・報道番組の配信サービス「テレ東BIZ(テレビ東京ビジネスオンデマンド)」のグロース全般を担当しており、Web/アプリ開発、プロモーション・マーケティング、データ分析などを通してコンテンツをユーザーに届ける最適な方法を日々研究している。

  • 今田 智仁
    株式会社テレビ東京
    総合マーケティング局 データ戦略部 副部長 兼 テレビ東京コミュニケーションズ
    今田 智仁

    新卒でSEを経験後ベンチャーの立ち上げに参画、国内初のSNS分析サービスの販売に携わる。その後外資系企業でメディア視聴データなど様々なデータを分析し、アナリストとして企業のマーケティング活動を支援。テレビ東京コミュニケーションズに中途で入社し、2021年4月からテレビ東京 総合マーケティング局 データ戦略部に出向。自社サービスのマーケティング、データ分析周りを担当中。

  • 秋馬大輔
    株式会社 Schoo
    toC 事業責任者 兼 開発部門長
    秋馬大輔

    SIerにてエンジニア経験後プロジェクトマネージャー(PM)として大手金融機関の市場系システムの受託開発に10年半従事。その後、大手監査法人で金融アドバイザリー、toB SaaSベンチャー企業でプロダクトマネージャー(PdM)とBizDevを経験。 2020年に、toC事業のプロダクトマネージャーとして株式会社Schooに入社。 現在、toC事業責任者&開発部門長を務めている。

  • 久保 善蔵
    株式会社プレイド
    Customer Experience Designer
    久保 善蔵

    新卒で外資系ITベンダーに入社。 その後、グリー株式会社などのネット企業にて、メディアの新規立ち上げや収益化、スマートフォンアプリ向けのアドプラットフォーム立ち上げなどに関わる。 2018年より現職に参画。KARTEのカスタマーサクセス業務を通じ、主にスマートフォンアプリのCX向上の活動を支援。

お申し込み