旅行・運輸

リアルタイムに変化する顧客の状況や
ニーズに合わせて最適なプランを提案し、
顧客満足度を向上

資料ダウンロード

旅行・運輸業界でのKARTE活用事例

設計豊富なテンプレートから選択していくだけで、「ページ閲覧人数の表示」など、ユーザーを後押しするアクションを即時反映。
ウェブ、アプリを横断して一人ひとりのお客様に最適なタイミングで最適なプランを提案することが出来ます。

  1. 1個と群でユーザを分析し、
    仮説を検証する

    定量データだけでは傾向までしかわからなかったことも、特定のユーザー群を一人ひとりのユーザー行動に至るまでドリルダウンして見ることで、課題やチャンスが見えてきます。シンプルなチャートやファネルを自由度高く作成・比較しながら、発想のヒントを直感的に得ることができます。

    Group 92 Copy Created with Sketch.
    実施施策:ユーザーダッシュボード
  2. 2特定の航空会社や行き先に
    興味のある人に向け特典情報を
    ご案内し、予約数が向上

    旅行サイトでは世界各国の様々な情報が掲載されているため、なるべく少ないステップでユーザーの興味・関心が高いコンテンツに誘導するよう設計することが重要です。ユーザーの過去から現在に至るまでの閲覧行動に応じてオススメのプランを表示することで、価値ある情報により辿り着きやすい導線を作ることが出来ます。

    実施施策:個別最適化メッセージ
  3. 3満室のプラン閲覧時に
    レコメンドプランを表⽰して回遊、
    コンバージョンを促進

    満室のプランの閲覧時に、最適なタイミングでおすすめのプランをレコメンドすることで、ユーザーの関⼼を損ねることなく回遊を促します。KARTEのレコメンド機能を活⽤することで、空き状況を加味してユーザーの好みや嗜好にあったプランを提⽰できるのでCVRを向上させるアプローチとして有効です。

    実施施策:レコメンド
  4. 4出発前にマイページで
    オプションの検討を促進し
    クロスセルの増加へ

    旅行の手配をする際、航空券などの手段を選択してから現地ツアーや送迎などのオプションを予約する、という流れは自然です。予約情報確認のために必ず訪れるマイページでオプションの訴求をして、出発前の段階で自然に検討をしてもらえるよう訴求を行ないましょう。

    実施施策:ナビゲーション強化
  5. 5エリアを限定したプッシュ通知で
    一人ひとりに最適なご案内を

    位置情報は企業にとっては相手の状況を把握してコミュニケーションを取るうえで、とても重要な情報の一つです。交通規制やイベントの開催、天気など、地域限定の情報はタイミングや対象を適切に絞り、関連のある人にだけ届けて体験価値を損ねないよう気をつけましょう。

    PUSH
    実施施策:アプリプッシュ、マップセグメント

旅行・運輸業界でのKARTE活用事例資料内容:顧客体験(CX)とは/KARTEの機能紹介/
旅行・運輸でのKARTE活用事例

資料ダウンロード

導入事例

関連記事

旅行・運輸業界での KARTE活用事例

下記フォームに必要事項を入力して送信してください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロードURLをお送りいたします。