不動産・住宅販売

検討段階に応じたコミュニケーションによって、熱量を保ったまま資料請求、モデルルーム来場へ

資料ダウンロード

確度の高い顧客を見極め、次のステップへ導く。
サイト初回来訪から物件成約まで、顧客情報をシームレスにつなぐ。

ユーザーの行動(Actions)に合わせて、KARTEの施策による来場率向上、ユーザーの属性取得、エンゲージメント向上、来場率を向上させる

不動産・住宅販売業界での
KARTE活用事例

サイト来訪者数に対してアクション率が低いマーケティング構造のため、
各ステップでユーザーのエンゲージメントを高めるアクション設計が必要です。
業界特有の課題解決をサポートするKARTE活用事例をご紹介します。

  1. 1来場予約日が近づいたお客様に
    SMSやLINEで話しかけ、
    来場率が大幅アップ

    例えば、来場率向上のため、来場予約完了時と来場前日のご連絡をSMSで送信しましょう。
    企業からのコミュニケーションは、タイミングや頻度の設計を誤まると顧客体験を損なうことにつながります。
    お申込み直後の熱量の高いタイミングで送信し、かつLINEやSMSといったメール以外のコミュニケーションツールを用いることで、顧客体験を損なうことなくメッセージを確実に届けることができ、来場率の向上が見込めます。

    SMS
    実施施策:SMS
  2. 2さりげない
    アンケートコンテンツで
    初回訪問ユーザーの属性情報を取得

    趣味嗜好、属性の分からないビジターの来訪者に、診断コンテンツを表示しましょう。
    診断コンテンツで「探す・見つける」という来訪者のストレスを大幅に軽減しながら、来訪者の抱える課題や目的に沿ったコンテンツを提供することができます。
    回答の内容を元に課題を分類し、適切なページへ誘導することで、お問い合わせ数や資料請求数の増加につなげることができます。

    QA
    実施施策:アンケート
  3. 3ウェブでも即座に
    担当をつけることで、
    熱量の高いユーザーを逃さない

    顧客を知るからこそ提供可能な顧客体験。
    「何度も来訪しているがコンバージョンに至らないユーザー」に対し、強い訴求で能動的にチャット誘導させゴールへ導くのも有効な手段です。熱量の高い人に限定することでサポートコストをコントロールしながら、1to1のチャット対応でユーザーの課題や問題を直接ヒアリングし解決しましょう。

    実施施策:チャット
  4. 4「いま○人が同じ物件を
    見ています!」と出すことで
    来場のモチベーションを上げる

    同時アクセスが多く見込まれるページで「この物件を◯人が閲覧中」と訴求することにより、よりリアル感ある訴求が演出できます。
    「資料請求」など重要なコンバージョンポイントに促すように設置すると効果的です。

    27
    実施施策:閲覧人数表示
  5. 5離脱ポイントを的確に把握して
    コンタクトを最適化

    顧客を知るからこそ提供可能な顧客体験。
    ユーザーダッシュボードの機能を活用し、顧客の離脱ポイントを的確に把握。離脱ポイントに合わせた最適なメッセージを表示して資料請求数アップに繋げます。

    実施施策:個別最適化メッセージ

不動産・住宅販売業界 KARTE活用事例 10選資料内容:顧客体験(CX)とは / KARTEの機能紹介/不動産・住宅販売業界でのKARTE活用事例 10選

資料ダウンロード

導入事例

関連記事

資料請求

下記フォームに必要事項を入力して送信してください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロードURLをお送りいたします。