ウェブチャット

顧客の可視化が
サポートの体験を高める

半歩先を見据えてお客様に寄り添う

お客様の気持ちや悩みは一人ひとり異なり、変化し続けます。
これからのチャット体験には、お客様のいまの状態や背景を直感的に把握すること、
適切なタイミングに、適切な入り口でサポートを始めることが必要です。
お客様の笑顔を生み出し、サポート自体"Fun"を作りましょう。

お客様の 背景や状態を
理解しながら
会話する

お客様の上たいが直感的にわかれば、より丁寧に適切なサポートを行うことができます。
例えばどのページを見ているのか、初めてのお問い合わせなのか、リアルタイムに今なにをしているのか。お客様の過去〜今に至る行動を「知る」ことで、サポートのその一言目からを変革しましょう。

KARTEのCore -知る-

本当に 必要な人に
適切なタイミング
でサポートを

そのチャット、ほとんどの人には邪魔になっていませんか?
KARTEではチャットサポートが必要なお客様、必要なシーン・瞬間に絞ってチャットを表示することが可能です。

状況に合ったサポート体験を。
お客様 一人ひとりに

有人でのチャット対応があらゆる状況に適しているとは限りません。
悩みやすいページであれば定形のFAQをまずご案内したり、対応時間外のお問合せにはチャットボットで即時対応を行うなど、サポート方法を柔軟に設定することでお客様一人ひとりに合ったサポート体験を提供できます。

体制に適した
オペレーションを構築する

大規模なサポートでは柔軟にオペレーションを組み効率化をはかることが不可欠です。
複数のサポートチームや自動アサイン、誰でも扱える定型文を組み合わせることで体制に合ったサポートを構築できます。

サポートの効果を
正確に把握する

チャットオペレーションが問題なく回っているか?のパフォーマンス観点とチャットサポートによって生まれた効果の観点、それぞれを全体感・個別で把握することにより状態を把握して適切なPDCAを回すことができます。

一人ひとりに合わせた
体験づくりをはじめましょうお気軽にご質問、ご相談ください。内容確認後、担当からご連絡いたします。

お問い合わせ