小売・アパレル

各所のデータをお客様軸で統合し、サイト内外問わず、一人ひとりの「いま」に最適なコミュニケーションを。

資料ダウンロード

ユーザーのフェーズやアクションをトリガーにレコメンドやLINE配信など一人ひとりにあった施策を行い、ファンになるまでの育成設計を行います。

サイトへの初回訪問、会員登録、初回購入、購入2回・3回以上などそれぞれのユーザーの行動(Actions)と合わせ、KARTEでその時に合わせたWeb接客・施策をうちユーザー感情を高めていちユーザーからファンになってもらえる育成設計を組むことが出来ます。

小売・アパレル業界での
KARTE活用事例

KARTEでは、様々なケースに合った最適な「接客」をインストールでき、
心地よい体験としてサービスに即時反映することが可能です。
小売・アパレル業界でのKARTE活用事例の一部をご紹介します。

  1. 1購入を悩んでいるユーザーにだけクーポンを表示し、
    クーポンの無駄打ちを防ぐ

    クーポンを使えば売上が上がるが、ずっとクーポンを出し続けるのはコスト負担が大きい... そんな時は、購入経験が少ないユーザーかつ一定数以上のページ閲覧など、モチベーションが高まっているユーザーに限定してクーポンを表示し、購入をひと押ししましょう。

    「ご新規様限定〇〇円OFF」といったキャッチコピーで訴求すれば限定感を醸成でき、よりコンバージョンに繋げることができます。

    実施施策:個別最適化メッセージ
  2. 2身長の近いスタッフのコーディネートを表示してコンバージョンアップ

    パーソナルデータとして重要な身長をアンケート機能で取得しましょう。ユーザーに自然に回答してもらえるように、お気に入りスタッフを検索する時など、ストーリーを意識して回答シーンを設計するのがポイント。取得した身長データを利用して、コーディネイト提案やレコメンドなど適切なコンテンツへの誘導に利用しましょう。

    QA
    実施施策:
    アンケート・レコメンド
  3. 3カーソルの動きで離脱を察知し、レコメンド商品を表示

    PCのブラウザ上部にカーソルを当てたユーザーはタブを消したり、別のタブに遷移する可能性が高いため、離脱しそうなユーザーと考えることができます。 そのような行動をしたユーザーに、ユーザーの閲覧履歴に基づいたレコメンド商品や今売れている目玉商品など、ユーザーにメリットが伝わるコンテンツを訴求することで、離脱を防ぎ、サイトの中を回遊してもらうきっかけを作ることができます。

    実施施策:
    レコメンド・個別最適化メッセージ
  4. 4買い物かごに商品を入れたまま離脱したユーザーに、1時間後にLINEで購入リマインド

    かご落ち対策は、今までメールでのコミュニケーションが主体でした。メールでも効果が高い施策ではありますが、メールをリアルタイムに確認しないユーザーも多く、ユーザーによってはLINEでのコミュニケーションが適切な場合があります。自社サイトやユーザーの状態にあわせて適切なチャネルで、適切な情報をタイミング良く伝えることで、ユーザーにとって便利な体験を届けることが可能になり、結果的に売上アップにもつながります。

    LINE
    実施施策:LINEメッセージ
  5. 5お気に入り商品が値下がりしたタイミングでアプリプッシュ通知を配信し、お客様の「買いそびれ」を防ぐ

    KARTEはウェブとアプリを横断して行動解析、施策の実施ができます。お気に入り商品の値下がりや入荷、在庫僅かなどの情報をアプリプッシュ通知でお知らせし、購買を促進しましょう。

    アプリのプッシュ通知は、送る頻度やタイミングを間違えるとユーザー体験を損なってしまいます。タイミングや対象を適切に絞り、本当に必要なお客様にのみに配信することでお客様に合わせたコミュニケーションを実現することができます。

    PUSH
    実施施策:アプリプッシュ

小売・アパレル業界 KARTE活用事例 10選資料内容:顧客体験(CX)とは / KARTEの機能紹介 / 小売・アパレル業界でのKARTE活用事例 10選

資料ダウンロード

導入事例

関連記事

小売・アパレル業界 KARTE活用事例 10選ダウンロード

下記フォームに必要事項を入力して送信してください。
ご入力いただいたメールアドレス宛に資料ダウンロードURLをお送りいたします。