KARTE for App

顧客ごとに最適な体験を
ワンストップで、高速に。

アプリでも一人ひとりに
合わせてコミュニケーション

ユーザーは一人ひとり異なります。
それぞれの状態やフェーズにあった最適な体験を提供することで
サービスのファンを増やしましょう。

KARTE for App 
version2 リリース

ローンチから2年、
初のメジャーアップデート。
よりパワフルに、高速に
アプリのグロースを実現します。

Demo Image

思いついた瞬間に
計測を始める

計測したいイベントを追加するために、毎回アプリのリリースをする必要はありません。
ビジュアルトラッキング機能を使うことで思いついたらすぐに管理画面の設定のみで、
新たなイベントを追加することができ計測開始されるので、利用したいデータの取得をすぐに始めることができます。

データからアクションに
つながる気づきを得る

DAUの計測は重要です。でもそこからどのようなアクションにつながるでしょうか?
KARTEでは、行動データをリアルタイムに解析して顧客をセグメントし、
様々な切り口から深くユーザー行動を理解することができるので、"アクションにつながる気づき" を得ることができます。

仮説をすぐに試してみる、高速に学習する

セグメントを柔軟に、
リアルタイムに

行動データをリアルタイムに解析し、様々な条件を柔軟に掛け合わせてセグメントを作成することができます。初回起動ユーザーの行動と複数回購入経験のあるユーザーの行動は異なります。まずは顧客を適切にセグメンテーションすることが、知るための第一歩です。

ユーザーストーリーでひとりを深く、直感的に理解

ユーザーストーリーで
ひとりを深く、直感的に理解

顧客をセグメントできたら、一人ひとりの行動を辿ってみましょう。リアルな顧客の体験を辿ることで、どこで躓き離脱したか、どのような行動を経て購入したかなど、数値の変化だけではわからないコンテキストを掴むことができます。

リテンションレポートで、継続率を科学する

リテンションレポートで、
継続率を科学する

アプリのグロースにおいて継続率はとても重要な指標です。セグメントを切り替え、組み合わせ、比較しながら継続率を探索することができるので、どのような行動をしたユーザーが継続利用しているのかを知ることができます。

仮説をすぐに試してみる、高速に学習する

仮説をすぐに試してみる、高速に学習する

ユーザーの状態に合わせた様々なアクションをワンストップで配信できます。
プッシュ通知やアプリ内メッセージはもちろん、アンケートやチャット、アプリの要素自体の書き換えまで、管理画面の設定のみで実施できます。
素早く学習し、ユーザーにとって最適な体験を提供しましょう。

OSS SDK

KARTE for AppのSDKはOSS(オープンソースソフトウェア)です。

OSS化によるDeveloper Experience向上への取り組み

導入事例

導入実績

一人ひとりに合わせた
体験づくりをはじめましょうお気軽にご質問、ご相談ください。内容確認後、担当からご連絡いたします。

お問い合わせ