CX 
Platform 

ウェブ接客からCX(顧客体験)プラットフォームへ

企業のマーケティング
そのものを顧客目線に変える

CX(顧客体験)とは、顧客がそれぞれ感じる体験であり、客観的なものではありません。
顧客の主観、つまり顧客の目線を知ることで初めて良い顧客体験の提供が可能となります。
KARTEは、顧客体験を可視化し、顧客目線でのマーケティングを生み出します。

ウェブ接客”とは

2015年3月にサービス提供を開始した「KARTE」は、デジタル時代の顧客体験において、実店舗における良質な接客のような世界観、サイトに来てくれた顧客一人ひとりを「人軸」で把握し、顧客に合わせた体験を提供することを目指して「ウェブ接客」というキーワードを開発しました。

しかし、いつしか顧客を「人軸」で理解するという文脈が弱まり「ウェブ接客=ポップアップやチャット」というアクションのイメージが強く定着してきました。同時に企業は、顧客目線に立つことから遠ざかるという課題に直面しています。

顧客の目線から、
顧客中心の体験を創る。

良いCX(顧客体験)を作るには、まず個人個人とその体験に深くフォーカスする必要があります。体験を同じ目線で、さらに感情まで深く知ること・知ろうとすることで、画一的ではない発想が生まれCXを向上することにつながります。

KARTEでは、ユーザーを数値だけではなく人として表すことで、直感的なユーザーインサイトの発見を可能としています。チャネルや職種を問わず各人が顧客を人として深く理解する事ができ、顧客目線から得た新たな体験を、自由度高く思い通りに作り届けることができます。

CXプラットフォームで
本質的なウェブ接客

CXプラットフォームであるKARTEを通じて、顧客の目線、感情を深く知ることで顧客を第一とした本質的なウェブ接客・体験を提供することが可能となります。

顧客目線で良いCXを作っていくことはマーケティングの領域のみに留まりません。今後KARTEは、“顧客目線”が企業内で職種を超えた基盤として広がり、さらに体験やナレッジが企業間をも超えてつながっていくことを進めていきます。

KARTEのCore -知る-KARTEのAction

一人ひとりに合わせた
体験づくりをはじめましょうお気軽にご質問、ご相談ください。内容確認後、担当からご連絡いたします。

お問い合わせ

あらゆるサービスの
顧客体験の向上に

業種によって異なる顧客と顧客体験。
KARTEは、様々な業種に最適化された顧客体験を提供します。

流通・小売
流通・小売
店舗の接客をWebへ拡張する。
最高の購入体験を全てのタッチポイントに。
旅行
旅行
一人ひとりの顧客の感情を知り、
最適なサービス、最高のプランを提案する。
金融・保険
金融・保険
「お客様と伴走する」コミュニケーション
金融サービスのあるべき姿を実現する。
不動産
不動産
展示場とウェブの体験をワンストップに。
分断されていた顧客体験をつなぐ。
人材
人材
求職者・企業双方の感情を読み取り、
コミュニケーションをスピーディーに適切に。
通信
通信
オンライン・オフラインの行動を可視化し、
最適なコミュニケーションを実現する。
メディア・ポータル
メディア・ポータル
顧客の求める情報へ最適な提案を。
情報の価値を高める顧客体験を提供する
教育
教育
顧客の成長・ライフステージに合わせ、
LTVを高める体験価値向上を実現する。
ヘルスケア
ヘルスケア
顧客行動に合わせた最適な情報を提供し、
顧客との信頼関係を築く。
製造メーカー
製造メーカー
顧客のニーズ、文脈を読み取り、
最適な導線と体験を提供する。
食品・飲料メーカー
食品・飲料メーカー
顧客をよく知り、顧客に合わせた施策で
ブランド体験の価値向上を図る
非営利
非営利
既存顧客の行動・感情から理解を深め
新規顧客へアプローチする。
デジタルコンテンツ
デジタル
コンテンツ
顧客を深く理解し、最適な体験を提供。
コンテンツの魅力を最大化する。
ソフトウェア・クラウドサービス
ソフトウェア・
クラウドサービス
思いついた事をすぐかたちに。
フットワークを軽くサービスの改善を図る。
プロスポーツクラブ
プロスポーツクラブ
ファンとの最適なコミュニケーションで
情緒的・感情的なつながりを作る。
その他
その他
KARTEは様々なマーケティングシーンで
ユーザー体験を向上できます。

導入事例

一人ひとりに合わせた
体験づくりをはじめましょうお気軽にご質問、ご相談ください。内容確認後、担当からご連絡いたします。

お問い合わせ